エメラルダスMXの5ピースのパックロッド「84m-5・N」をインプレ。

エメラルダスMXの5ピースモデル「84m-5」を実釣インプレ。これ最高。

エメラルダスMXはエギングでは人気のシリーズで今までは2ピースモデルしかありませんでしたが、2023年に「84ML-5・N」と「84M-5・N」の2つの機種が5ピースのパックロッドモデルとして追加販売されています。

結論から言うと

  • エギングもロックフィッシュも両方やりたい
  • 磯でロッドむき出しで持ち歩きたくない
  • 他の小型ロッドも一緒に収納したい
  • 2ピースに劣らない万能ロッドがほしい

そんな人にはぜひチェックしてもらいたい記事です。

たにせん

ここではエメラルダスMXの「84M-5・N」のパックロッドを購入したので、実機を使ったインプレと実釣に使ってみたレビューを行っているので参考にしてみてください。

2
エメラルダスMXのパックロッドをどう思う?

選択したら「投票」を押してください。

もくじ

エメラルダスMX「84m-5・N」の5ピースのインプレ

エメラルダスMXの5ピースモデル「84m-5・N」の実機インプレ

エメラルダスMXはダイワのエギング専用ロッドのベーシックモデルとして販売されていますが、素材や組み込まれている機構が上位機種コスパが高いため多くのエギンガーにも人気です。

上位機種にはAIRやストイストなどがありますが、ベーシックモデルでありながら上位機種に採用されている「エアセンサーシート」「HVFナノプラス」や「X45」も採用されているため軽量化+感度が高く、強度も十分です。

エメラルダスMXの5ピースモデルは仕舞寸法が61cmでセミハードケース付き

このエメラルダスMX「84m-5・N」は仕舞寸法が61cmの5本継ぎで専用のセミハードケースも付属しているので、移動時にも安心して持ち運びが可能です。

エメラルダスMX、5ピースのセミハードケースはそれぞれ1ピースずつ分けて収納できる

またセミハードケースは5つのパーツそれぞれを小分けに収納できるようになっており、ロッドパーツ同士が干渉し傷等がつかない親切設計となっています。

エメラルダスMXの2ピースと5ピースを比較
上が2ピースモデル、下が5ピースモデル

エメラルダスMXの2ピースモデルと5ピースモデルを比べるといかにコンパクトに収納できるかが分かるかと思います。

たにせん

これだけ継目が増えてしまうとロッドのしなやかさや2ピースモデルより劣る部分があるのではないか?と疑問に思うかもしれませんがそれは実釣編で後ほど解説します。

エメラルダスMXのパーツの最長の長さは61cm

エメラルダスMXのパーツの長さはそれぞれ不揃いですが、最長のパーツであっても61cmと非常にコンパクトな長さです。

セミハードケースは全長が68cmで大きめのバックパックやリュックであれば収納することができます。

エメラルダスMXのパックロッドはリュックにも収納ができる

特に地磯など険しい道をランガンする場合にはロッドを手に持つ必要がなく、手足の自由がきくようになりバランスを崩して転んだりすることも減りますし、何よりもロッドを保護しつつ安心して釣り場まで向かえるのが最大の利点です。

またセミハードケース内は少し余裕があり、他の60cm以下のパックロッドなどを同時に収納することもできます。

たにせん

ダイソーから新しく販売された穴釣り用のミニロッドはこのセミハードケースに2本ほど収納できるので、エギングやロックフィッシュついでに穴釣りで坊主回避なんて事も可能です。

エメラルダスMX「84m-5・N」の5ピースは自重は100gで23エアリティと相性が良い

実際にリールと取り付けてみましたが、エメラルダスMX「84m-5・N」はロッド重量が100gなので、175gで3000番の23エアリティとの相性もすごく良いです。

エメラルダスMX「84m-5・N」を使って実釣

地磯にエメラルダスMX「84m-5・N」を持ち運び、実釣してみました。

移動の携帯性と安心感は抜群

エメラルダスMX「84m-5・N」は磯への持ち運びも安心

険しい道をかいくぐり、釣行を行うまでのポイントまでセミハードケースに収納したまま持っていきましたが、パックロッドの携帯性はやはり優れています。

エメラルダスMXの5ピースを釣り場で組み立てる

磯場についてからエメラルダスMXの5パーツを組み立てるんですが、この間ずっとケースに入れたままなので移動中にぶつけたりするなどの不安もなく安心して用意することができます。

エギング操作としやなかさは2ピースと変わらない

エギング実践

エメラルダスMXの5ピースでも2ピースと変わらない操作性としゃくりやすさ

私はエメラルダスMX自体は「86ML-S」と「711MLM」の2ピースモデルをすでに所有しており、キャストやシャクリの操作性についてはすでにある程度理解しています。

エメラルダスMXの5ピースモデルでもエギングは2ピースと変わらない操作性
たにせん

そんな感覚から今回のエメラルダスMXの「84m-5・N」の5ピースモデルは「2ピースと全然変わらない」操作性で快適にエギングをすることが出来ました。

エメラルダスMX84m-5・Nパックロッドのエギングで釣ったケンサキイカ。

自重100gあり、175gの23エアリティと組み合わせるといい感じの先重りな状態となり、フォール中にロッドを下に向けてエギの自重を感じならアタリを取るのも2ピースと変わらず行えました。

ロックフィッシュは小型リグが扱いやすい

エメラルダスMXの5ピースで「84M」を購入したもう一つの理由として、エギングを実践しつつも回遊がない時間帯はロックフィッシュも行いたいためにMLではなくMのブランクスを選びました。

エメラルダスMXの5ピースモデルでライトなロックフィッシュ

エギングロッド特有のしなりを活かして遠投ができ、正直言うと普段使っているロックフィッシュロッドよりも5g〜10gの程度の軽量リグ(テキサスリグ等)は飛距離が出ています。

たにせん

元々エギングロッドは空気抵抗があるエギを遠くに飛ばせるためのしなり設定となっているのが飛距離向上の大きな要因かもしれません。

エギングロッドでロックフィッシュ実践

50cmオーバーのハタ系でなければ今までの経験上、エギングロッドでも手前のカケアガリを気をつければ強い引きのハタでも十分取れると思います。

またリールに巻くPEラインはエギングもロックフィッシュも両立させるなら0.8号、リーダーは12lb〜16lbが絶妙じゃないかなと思います。

普段のロックフィッシュはロックフィッシュ専用ロッドのロックライバー5Gを使用中

普段のロックフィッシュロッドはロックライバー5Gを使っていますが、7gアンダーの軽量なリグや浅瀬でロックフィッシュを行うならこのエメラルダスMXの方が操作性に優れていました。

軽量リグで繊細に誘いを入れたい場合や潮が効かず低活性な状況でのロックフィッシュ実践もこのエギングロッドならではの使い方が有効となる場合もあるのではないかと感じています。

このロッド1本でエギングもロックフィッシュも両立できる

エメラルダスMXを一晩使ってエギングでイカ、ロックフィッシュでオニカサゴをゲット

ロッドを1本化できるメリットとしてやっぱりその日に動き回っていろんな釣りを実践でき、あわよくば一石二鳥な釣果を上げることもできます。

エギングもロックフィッシュもどちらかというと潮わまりでも同じ時合のタイミングが多いですが、イカだけ・根魚だけを狙うよりも持ち帰り後の食のバリエーションも多い方が飽きずに食べれます。

たにせん

ロックフィッシュ専用ロッドではエギングの操作は結構大変なので、地磯で「エギング」+「ロックフィッシュ」をロッド1本で行うならこのエメラルダスMXの方がさすが万能ロッドと言われるだけあってトータルバランスは良いです。

ダイワ(DAIWA)
¥28,566 (2024/06/03 16:11時点 | Amazon調べ)

釣行後のメンテナンスも2ピースより狭いスペースで可能

エメラルダスMXの5ピースは台所で洗えるコンパクトさ。

2ピースのロッドは釣行後に自宅外の蛇口で洗うことが多かったのですが、5ピースモデルであれば台所のシンクの狭いスペースで洗うことができるため便利です。

たにせん

ロッド本体やガイドに付着した海水の塩を落とすには多少のぬるま湯が効果的ですが、外の蛇口だと冷水しか出ないので5ピースであれば台所でお湯を使ってスムーズに洗えるのもありがたいです。

エメラルダスMXの5ピースは繋ぎ目が多いので専用ワックスが必須

ロッドを洗って干した後などは2ピースモデルと比べて繋ぎ目が増えてしまうので、ロッドそれぞれの緩みや破損防止のために専用ワックスを塗っておくと良いです。

スミス(SMITH LTD)
¥904 (2024/05/29 18:12時点 | Amazon調べ)

【結論】エメラルダスMX「84m-5・N」は携帯性に優れた万能なロッド

結果、エメラルダスMX 5ピースモデルは携帯性と使い勝手に優れた万能ロッド

エメラルダスMXシリーズは2ピースモデルをすでに2本所有している感覚から今回の5ピースモデルを使ってみた感想は

  • 磯場などに持ち出しやすく携帯性に優れている
  • 1本でロックフィッシュもエギングも両立できる(なんならチニングなども)
  • 操作感は2ピースモデルと何ら変わらない
  • いろんな釣りに応用できる絶妙な長さ
  • ケースがしっかり硬いので移動中も安心
  • ケースに他の小さいロッドも収納可能
  • 場所を問わず狭い台所でも手洗いができる

2ピースにはない携帯性、そしてその他のメリットが更に加わった使い勝手が良いエギングロッドだと感じました。

このエメラルダスMX「84m-5・N」でできるジャンル

エギングロックフィッシュ
サーフアジングチニング
サーフフィネススーパーライトショアジギング
ブッコミ釣りキス釣り
サビキ釣りメバリング
シーバスライトショアジギング
サーフ大型ヒラスズキ

沖磯などのガチ磯でなければ、ある程度の釣りはこのエメラルダスMXのパックロッド1本でほとんどカバーができてしまえる万能さを実感しました。

今のパックロッドは2ピースと同じ感覚で使えてコンパクトになる使い勝手が良いロッド

いろんなパックロッドを使っていますが、最近販売されるパックロッドは本当に2ピースと変わらないレベルです。

たにせん

エメラルダスMXの5ピースは堤防よりも魚影の濃い磯へなるべく身軽な格好でロッドを1本化していろんな釣りをしたいのであれば、このエギングロッドの万能さが活かせるでしょう。

釣りジャンルに応じてロッドを分けて専門的にやるのも良いですが、身軽に1本でいろんな釣りをしたい場合にはこのエメラルダスMXはコスパも高くぜひおすすめしたいロッドでした。

ダイワ(DAIWA)
¥28,566 (2024/06/03 16:11時点 | Amazon調べ)

ダイワ:エメラルダスMX公式

2
エメラルダスMXのパックロッドをどう思う?

選択したら「投票」を押してください。

役に立ったら釣り仲間へシェアお願いします
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

CAPTCHA


もくじ